釣り用の腕時計を考える

ダイバーウォッチが一般的だと思うが…

スポンサーリンク

釣りで使うなら耐水性の有る頑丈な「ダイバーウォッチ」を選ぶ人が多数だと思う。

特にウェーディングでは、タイドグラフで潮の干満を把握しないと危険な事になる。釣りにおいて、潮の干満情報は必需で釣果に直結します。

気圧も釣りに影響が有ります。晴れたベタ凪の高気圧では釣れにくく、雨天になりやすい低気圧になれば釣れやすくなる言われています。

方位計では、吹いてくる風向きを確認したり出来ます。

G-SHOCKの機能[モデル別]

  • 文字盤発行
  • タイドグラフ/ムーングラフ
  • ソーラー駆動
  • 水深計
  • 方位計
  • 気圧・温度・経度
  • Bluetooth搭載モデルはスマホと連動

Luminox[ルミノックス]

  • 防水性能は勿論
  • ライトを付けなくても24時間光る針や文字盤

問題点

  • 電池モデルは約3年に一回交換時期が来る
  • ソーラーモデルは、普段屋内で使う人は定期的にソーラー充電が必要
  • ウレタンベルトは劣化して切れる
  • 高機能モデルは、操作を忘れてマニアルを読まないと操作できない
  • ルミノックスの発光機能は永遠では無い
  • 代理店が無くなって電池交換はどうしたら良いの?

スマートウォッチを選択する

初期モデルから使ってましたが、残念ながら初期モデルは防水性が無くて、雨降りやウェーディングでは使いませんでした。

セカンドモデルから50mの耐水性能となり、泳いでも大丈夫なようですね。

残念なことは以前の「GoProアプリ」でウォッチで操作出来ましたが、新しいアプリでは使えなくなってしまった事です。

カバンなどに入れたiPhoneと連動[Wi-Fi&Bluetooth接続]している時に、通話出来たりメールの確認が出来ます。

  • 50mの耐水性
  • GPS機能でナビ機能が使える。
  • 設定で現在の気温や日の出、日の入り時間、月齢などを表示可能。
  • ウオーキング時のコースの距離、起伏、時間、心拍数をアプリが記録。
  • アプリでタイドグラフが分かる。
  • アイホンカメラのリモコンになる。
  • 天気の確認・警報等の通知が来る。
  • 単体で通話が出来る。[Cellularモデル]
  • 血中酸素ウェルネスアプリ[上位モデル]
  • 心電図アプリ[上位モデル]
  • アップルミュージックに加入するとスマホが無くてもイヤホンで聴ける

悪い点は、バッテリーが一日持たない。[メーカー値 約18時間]

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す