沖縄の落とし込み釣り

岸壁でのお手軽ゲーム

最近、落とし込みで検索すると船から狙う青物の『サビキ落とし込み釣り』がヒットする。今回お話しするのは、エサに生きた蟹やエビをつかう防波堤から岸壁ギリギリを狙う※ヘチ釣りと前打ちです。自分が使用したのは、ズームする前打ちの竿です。

狙いは南クロダイが中心ですが、小型のハタ類も中層まで浮いて来て仕掛けを引き込んで行きます。生きたエビを使えば、メッキなども食って来ます。

※ ヘチ釣りは、短めの竿で防波堤の際を中心に狙います。前打ちの竿は、360〜500cm程度の長さが有り防波堤の基礎の先[沖目]を中心に狙います。

[スポンサーリンク]

足下にも大物が潜む防波堤

生きた蟹を、3B前後のガン玉一個でポイントに届ける。シンプルな釣り方で足を使ったランガンスタイルで狙っていく。

ルアー釣りに通じる攻めのスタイルで、ワームなどを岸壁キワをフォールで落とし込んでいく縦の釣りです。

アウトリーフの断崖でも狙える

リーフで狙うなら餌取り対策を考えて、餌はサンマの塩漬けやイカ類が持ちが良いです。ハタ類やフエダイ系がよく釣れますよ。

[スポンサーリンク]

Follow me!

コメントを残す