「曳き[ひき]型エギ」って知ってる?

沖縄では「エギング」が流行る前から使ってました

自分でイカエギを作る玄人や漁師の獲物が、シルイチャー「アオリイカ」で素人には取っ付き難い釣りでした。

主に漁師が、船から岸近くを低速で引く「イカ曳き」が盛んで沖縄の冬の風物詩でしたよ。

[沖縄海洋文化館で撮影]

[スポンサーリンク]

ヨーズリの大分型曳き重エギが人気でした

自分が釣具店に入った頃には、ヨーズリの「大分型曳き重エギ」が主流でお客様から頼まれるとイカエギの鉛をカットして調整する仕事が有りました。

当時、一番人気のカラーがグリーンバックの赤テープで夜行テープも人気でした。玄人好みは、やっぱり塗りエギでしたね。

※ 上記のエギで鉛のカットされてないエギはシャクリエギです。右上がヨーズリの大分型です。

沖縄の特殊な海岸線で主にリーフ帯がポイントです。着底させると一発で根掛かりする場所が大物が狙えました。月夜の晩に水深が2mくらいのリーフに向かって投げてましたね。ゆっくりとリールを巻くと水深1mぐらいを漂い、アオリイにアピールしたのだと思います。

アタリは、最初はゴミが掛かった様に重なる感じでゴミと違うのは、引きに「グングンと」強弱が有ることです。合わせを入れてカンナにイカが刺さると強烈な引き込みが始まります。

キーストン/モンローエギ曳き型

専用のタックルが無いので….

竿は、3.6mの振り出しの投げ竿や9~10fのルアー竿で4〜4.5寸、時には5寸を投げて狙ってました。

リールは中型リールにナイロン3〜5号を巻き、ドラグは締め気味で竿の弾力でやり取りしてましたね。

初夏になると2.5寸前後のハナイカ型エギを日中使い、目視で浮いてる小型のイカを狙いました。

根掛かりが多発するシャクリエギが使えない場所は、竿抜けポイントになってると思うので今やれば、爆釣するかもしれませんね。

[スポンサーリンク]

Follow me!

コメントを残す