沖縄で言われてる「ライトルアーキャスティング」ボートフィッシング

[スポンサーリンク]

シャローにも、とんでも無い魚が居る

サンゴ礁[リーフ 帯]での特殊な環境での釣り。ベイトが集まる好環境につくメインターゲットの根魚やフエフキ系、捕食後に根[サンゴ]に依存する為、強引に止めないと根に入られる。GTや10kgオーバーのハタも入って来る。

ライトキャスティングの基準が分からない

小型のハタ[イシミーバイ]などを中心に狙うならバスロッドでPE0.8号リーダー12lbでも良いが、この釣りは通常、船を横向きドテラに流し風を背に受け投げるのでラインの細さはアドバンテージにならない。希望の重さのルアーをきっちりと根際[ポイント]に届け、かつ、安心して魚とやり取り出来るPE3号リーダー50lbでも良いと思う。誰が言い出したんだろう「沖縄ライトキャスティング」。

狙うポイントはどこ?

主に狙うのが砂地に沈み根が有るポイントです。根と言ってもキザギザのサンゴ周りを狙う為、ダイレクトに根を狙ってしまうと根魚ばかり当たってくる。根上を越えて投げてしまうとヒットしても最悪、直ぐ根に入られてしまう。

根の際に潜む大型魚を砂地で掛ければ、魚とのやり取りも楽になりキャッチ出来る確率も高くなります。遠投するのでは無く、寝際の砂地を丁寧に狙うと釣果に繋がると思います。

私のメインタックルは、これだ!

メインタックル
ロッド:DAIWA SALTIGA C71MLS・J 
リール:DAIWA SALTIGA 4000H 
ライン:SIMANO TANATORU8 1.5(31.7lb)-200m
リーダー:クレハ シーガーFXR船8号
15g~25g シンキングペンシル・シンキングミノー・スプーンなど

サブタックル
ロッド:SMITH KOZ.EX-S69LH
リール:DAIWA CATALINA 3515PE-H
ライン:SHIMANO OCEA EX8 PE 2.0号 40lb(18kg)
リーダー:クレハ シーガーFXR船10号

20~40gのメタルジグ・引き抵抗の有るシンキングミノー

よく釣れるルアーは?

シンキングペンシル:根掛りするリーフの上でも、カウントダウンでルアーの泳層を調整出来る。ルアーをトウィッチで浮かせ、ストップのフォールで食わせるイメージ。

スプーン:フォールでもジャークでも、ただ巻きでも釣れる万能選手。金属の輝きに魚もメロメロ。

詳しくは、動画をご覧ください。

[スポンサーリンク]

Follow me!

コメントを残す