2021年夏ジギング

スポンサーリンク

シーランドジギング乗り合いツアーにて

シーランド北谷店、レジ担当の三木さんに誘われてジギングツアーに参加しました。参加メンバーは3名で三木さんを含め4名で気温30度オーバー、灼熱の夏ジギングに挑みましたよ。

宜野湾マリーナ出港の中川船長操船のレクシー[すばる]にて、道中にポイントを打ちながら慶良間近海ジギングです。水深100m前後の実績ポイント、魚探でベイト反応を探りながら回遊魚や根魚中心に狙います。

以前のレクシーがキャスティングがしやすいフラットなボートとなり、名前も「すばる」になり始めて利用しました。

キレイなトイレも有り、女性にもおすすめな釣り船です。

レクシーのリンクはコチラヘ

http://www.recseaokinawa.com

シーランドのリンクはコチラヘ

https://www.sealand.jp

私のタックル

タックル1

ロッド:TENRYU JIG-ZAM DraggForce JDF581B-G6

リール:STUDIO OceanMark BLUE HEAVEN L50Hi/L

ライン:DAIWA UVF ソルティガSJ 3号[49lb]600m 

リーダー:クレハ シーガーFXR船14号

タックル2

ロッド:シマノ・オシアジガーインフィニティ B635

リール:シマノ・オシアジガー [OCEA JIGGER]2001NRPG

ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワー3号[48lb]400m

リーダー:クレハ シーガーFXR船 14号

タックル3

ロッド:シマノ・ゲームタイプスローJ[GAME Type Slow J] B683

リール:シマノ・オシアカルカッタ301HG 

カスタムノブ:STUDIO OceanMark HANDLE KNOB HN AE82(Si/B)

ライン:DAIWA SALTIGA UVF+Si 2.0(31lb)300m

リーダー:クレハ シーガーFXR12号

メタルジグは、100mなら200gと水深の約2倍の重さのジグを使い分けました。

ポイントによっては、二枚潮がキツく底を取れない事も度々有り厳しい釣りになりました。

良く釣る方は、状況に応じてスピニングタックルを使用したり、軽いジグを使ったりとして釣果の差が出ましたね。

動画を撮影しましたこちらも御覧ください

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

前の記事

沖縄の海の危険生物